【ふるさと納税って何?って人向け】ふるさと納税を徹底解説!

お金

よくふるさと納税は得だよと言われても、「何が得なの?」「なんだか大きい額を一気に支払うイメージでお金がなくなるような…」と思っていませんか?

ふるさと納税は、住民税と所得税に、+2,000円を支払うだけで、食料や雑貨などが返礼品としてもらえる仕組みになっていることが特徴としてあります。

今回は、ふるさと納税についてできるだけわかりやすく解説していきます!

かなり簡単に言うと、実質自己負担2,000円でお礼の品がもらえる。

ふるさと納税は、好きな自治体(各都道府県市町村にある団体)に寄付として応援することができ、その寄付した金額の2,000円を超える部分については住民税や所得税が還付されるという仕組みになっています。

そこで気になるふるさと納税の金額ですよね。

実際に、「ふるさと納税で支払う額」VS「単に住民税や所得税を払うだけの額」で金額的にどれだけ違うのかと言うと、ふるさと納税がプラス2,000円(※以下で説明する上限額を超えていなければ。)になります。
金額だけ見ると、ふるさと納税の方が高いのは事実です。

しかし、逆に考えてみてください。

たった2,000円で、各都道府県の名産物など豪華なお礼の品がもらえるのです。

■実際にふるさと納税をして得したなぁと感じたこと。
・各地方に行かなくても名産物であるお肉、スイーツなどを堪能できる。
・食費、おやつ代が浮いた。
・住民税(所得税)をただ単に払っていては何ももらえないけど、
ふるさと納税として納めるだけでお礼の品がもらえる。


TOPにある大量のアイス写真は、北海道に納税した時にもらった品です。
濃厚なミルクで美味くて、北海道に行かなくても現地の味を楽しむことができました。

ふるさと納税には収入額によって納税できる控除上限額がある。

ふるさと納税で気をつけたいことは、控除上限額があるということです。

控除上限額とは、住民税又は所得税から控除をしてくれる額の上限を指します。
自己負担を最低額2,000円だけで済ませる為には、控除上限額を超えてはいけません。
自分の控除上限額を知る方法は、ふるさと納税サイトで収入や扶養家族状況等を入力するだけで簡単に計算して知ることができます。
(引用『ふるさとチョイス 控除上限額かんたんシミュレーション』

注意※控除上限額を超えると自己負担2,000円どころではなくなるので必ずシミュレーションで計算してから寄付することをオススメします。

あとで詳しく説明しますが、控除上限額を求める際に入力する収入額は、同年1月~12月までの総収入額です。

ちなみに画像の金額は、私の年収約300万円扶養家族無しで入力して出した結果。
こんなごく普通の会社員収入でも28,000円分寄付してお礼の品をもらえちゃいます。

住民税は来年6月、所得税は3月に控除が受けられる。

住民税は、寄付をした年(1月~12月)の翌年(6月~5月)から控除されます。
所得税は、 寄付をした年(1月~12月)の翌年の確定申告後(3月ぐらい)に戻ってきます。



では、控除上限額を算出するにはいつのものが基準になるの?というと、寄付をした年と同じ1月~12月の収入及び扶養家族状況等です。

ここで、年末調整を思い出してください。
毎年12月に源泉徴収票を会社からもらえますよね。その源泉徴収票と同じ情報です。
所得税も住民税も毎年1月~12月の収入及び12月末時点の扶養家族等の状況で決まります。
(厳密にいうと、保険類の控除なども関係してきますが、詳しくはいつか所得税と住民税について記事書きます。)

また、見出しで住民税又は所得税から控除されるという書き方をしていますが、これは選べるからです。
『ワンストップ特例制度』というものがあり、この制度を利用すると後で説明する確定申告をする必要がありません。控除については、全額住民税から控除される仕組みになっています。

この『ワンストップ特例制度』を利用しない場合は、確定申告を行うことで所得税と住民税から控除されます。

ふるさと納税の控除方法は『ワンストップ特例制度』と『確定申告』がある。

ふるさと納税の控除方法として『ワンストップ特例制度』と『確定申告』がありますが、どちらも控除額の金額は変わりません。
控除の仕方が違うというだけです。では、実際にどう違うのか解説します。
ぜひ、どちらで控除するのがいいのか予め決めておきましょう。

■ワンストップ特例制度による控除
・控除はすべて住民税から行われる。
・確定申告の手間がいらないが、1月10日までに自治体に対して申請書を送る必要がある。
・寄付する自治体の数は5か所まで。
・医療費控除など確定申告が必要な人は、ワンストップ特例制度との両立はできない。


■確定申告による控除
・控除は所得税と住民税から行われる。
・毎年2月16日~3月15日までに確定申告を行う必要がある。確定申告はネットからでもOK。
(やり方がわからない方は管轄の税務署に行くとやり方を教えてくれます。確定申告期間はかなり待ちますが私は初めてふるさと納税したときは税務署に行ってネットからの申告方法を教えてもらいました。)
・医療費控除など他に確定申告が必要なものと一緒に申告ができる。



こんな感じです。
申告を忘れると、せっかくふるさと納税でお得にお礼の品をもらえたものが金銭的にお得ではなくなってしまうので気をつけたいところです。

ふるさと納税は社会貢献につながる。

ふるさと納税は、「住民税・所得税に+2,000円払うだけでお得なお礼の品が貰えてハッピー!」なことに加え、各自治体の貢献につながっていることも魅力的です。

「そういや前にニュースであの地域が災害にあっていたな・・、何か協力したいな。」と思った時も、ふるさと納税で応援することができます。

他にも、お礼の品はもらわず災害支援に貢献できる納税方法もあります。

自分が魅力的だと思った方法でぜひふるさと納税で自治体を応援してみてください!

ブログランキング・にほんブログ村へ