一人暮らしカーテンをケチってはいけない理由。

ライフスタイル

かりんです。
私は冬が大の苦手で、寒くなると冬をぶっ飛ばして春になってくれないかなと望む毎日を過ごしています。

しかも、一人暮らしをしていると、とにかく部屋が寒い。
1Kとかワンルームとかの1人暮らしあるあるだと思うんですけど、部屋数が少ないからどうしてもご飯食べる場所だったり、寝る場所だったりベランダに近いんですよね・・・。

そのベランダからの冷気がハンパなく寒いのです。

そこで、ベランダの冷気を除去する為に何をしたらいいのか考えた結果、入居時から使っていた1,900円のペラペラカーテンを買い換えることにしました。
まるで外にいるような寒さだったので、ついに我慢できなくなってカーテンは分厚い方がいいだろうと思い立ちました。

今回買い換えたカーテンのスペックはこんな感じ。

・防炎
・遮光2級
・遮熱
・部屋をモノトーンで統一したくてグレーにしました。
(TOP画像のもの。)お値段は、約4,500円。

カーテンは思い切って買っただけあって可愛いけど、前のカーテンに比べたらお値段は可愛くありませんでした…。


そんなこんなで、1年間で電気代が最も高い2月の電気料金のお知らせが届きました。

去年の今に比べて2,677円も下がってる!増税(2019年10月より8%から10%に増税しました。)もしたのに
まさかのカーテン代の差が縮みました(笑)
暖冬のせいかもしれないですが、そういやカーテン変えてから全然暖房を使っていないことに気がつきました。

そこで学んだ。カーテンだけはケチっちゃダメだということを。

これから一人暮らしする方も、ペラペラのカーテン使っている方もぜひカーテンにはお金かけることをおすすめします。

防犯面でも遮光が役に立つ。女一人暮らしこそ遮光カーテンがおすすめ。

遮光カーテンには、朝日光の明かりが入って来ないというデメリットもあります。
しかし、透け感のあるカーテンだと花柄だったりピンク色だったり、部屋の中にいる様子が分かったりなどと女性としては防犯面ではあまりよろしくない点があります。

外を歩いている人に「あの家は女の一人暮らしかな」と思われて目を付けられる可能性もあります。防犯面に気をつけたい方はぜひ、カーテンは遮光を選んでください。

カーテンはネット購入がおすすめ!

最後に、お店に出向いてわざわざカーテンを探すのは面倒だけど、お気に入りのカーテンを見つけたい!という人のためにネットから購入OKなおすすめのお店をご紹介します。

JAPAN CURTAIN

JAPAN CURTAIN
全品送料無料(一部地域除く)でありがたいです。
もちろん、防炎・遮光のあるカーテンを取り扱っています。

■こんな方にオススメ!
・サイズ、色のオーダーメイドが可能。推し色のカーテンも見つかる。
・レースカーテン込みの販売なので、レースカーテンも一緒にお探しの方。
・ 防炎、遮光スペックにさらにレースカーテン込みにしてはコスパが良い。

クーカンネットショップ

クーカンネットショップ
ファブリック系のおしゃれなインテリア商品を取り扱っているお店です。
カーテンのデザインも個性的で可愛いものが沢山あります。
また、代引き手数料は高くつくこともありますが、こちらでは無料で代引きも可能。

■こんな方にオススメ!
・おしゃれな部屋作りを目指したい方。
・ほかの人と被らない個性ある部屋にしたい方。
・カーテンの他にもラグやマットも取り扱っているので部屋全体的にファブリック系デザインで揃えたい方。


ブログランキング・にほんブログ村へ