羽田空港オススメご飯。「赤坂うまや うちのたまご直売所」に行ってみた。

ぼっちの娯楽

かりんです。

よく年に数回東京への出張があるのですが、飛行機ってなかなか便数が限られていて朝早く着きすぎたりするんですよね…。

そこで朝7時からオープンしている「赤坂うまや うちのたまご直売所」に行ってきました。

卵かけご飯並(550円)あおさのお味噌汁(100円)。

お店はたまご料理がメインなのですが、卵かけご飯が最高です。
すべての料理はうちのたまごオリジナル卵「うちのたまご」が使用されています。その中でも、卵かけご飯(以下、TKG)をオススメします。
ここのTKG、口の中でとろけます…。 あれ、いつの間にか口の中からなくなったって感じです。
今まで食べてきた自分で作る卵かけご飯が食べれなくなるほど美味い。
ごはんが口の中でとろけるってどんな感触なのかと思いますが、例えるなら飲み物です。するする入ってくる感じ不思議。

おかわりは卵もご飯も2回まで無料でできちゃいます。
普段、ご飯1杯とおかず1~2品な小食の私でも2回おかわり余裕です。
まじで飲み物です(2回目)

特に「 うちのたまごによくあう醤油 」をかけて食べるべし。

お店に行くと、さまざまな醤油がご用意されていますが、特製「うちのたまごによくあう醤油」がダントツでオススメです。

少し甘味がある醤油なのですが、これがまた卵との相性が最高すぎる。
この醤油こそがTKGをスルスル飲み物のように食べれてしまう元なのかもしれないと勝手に思っているぐらいです。
店舗で醤油が購入できるのでお土産で買って帰りましたが、家にあった卵98円のものでもこの醤油1本あれば店舗で食べたTKGに近い味で食べれました。

たまご料理がメインであることを忘れてはいけないこだわりの卵
オリジナル卵「うちのたまご」は、卵殻・卵黄を五つ星級までグレードアップした高級褐色卵なのです。
九州・内野で手間暇惜しまず作られた卵だけあり、こだわりがあります。

確かに卵割ったとき、パキッとした黄色い黄身が印象的でした。

きっと卵も一緒に購入すればお家でもうまやさんのTKGを楽しめるとは思いつつも、私はなかなか長旅で卵を持って帰るリスクが怖かったので毎度諦めておりました・・・。チキンめ(涙)

私みたいに卵を持って帰る自信がない人も、「うちのたまご」を楽しみたい方も、ギフトとして販売しているのでネットからの購入が可能です。お試しあれ!

九州 ギフト 2020 JR九州ファーム「うちのたまご」ギフトセット(10個入パック×3)【代引不可】I97Z02【常温(ゆうパック)】

価格:2,160円
(2020/2/23 00:34時点)
感想(0件)

羽田空港のどこにあるの?

「赤坂うまや うちのたまご直売所」さんは、羽田空港の『東京モノレール第1ビル』内のB1階にあります。

東京モノレール羽田空港第1ビル駅徒歩1分です。

羽田空港第1ビルといえば、
・JAL
・SKY(スカイマーク)
・SFJ(スターフライヤー※但し、北九州・福岡空港行のみ。他は第2ビル)
・国際線

があります。

では、ANAなど第2ビルから第1ビルへ行く場合は?というと、電車に乗らなくてもすぐ行けちゃいます。

■第2ビルから第1ビルに行く方法

方法①徒歩。
京急「羽田空港第2ビル駅」改札とローソンの間に第1ビルにつながる通路があります。その通路をただひたすらまっすぐ歩くだけ!右手にお店が出てきます。
ゆっくり歩いてだいたい徒歩10分ぐらい。無理なく歩ける距離です。

方法②無料バス
国内線ターミナルを移動するバスがあります。
・第2ビル⇒第1ビルの場合は、1階到着ロビー9番乗り場から10分に2~3本バスが出ています。(5~23時。24時台は1本)

・第1ビル⇒第2ビルの場合は、 1階到着ロビー8番乗り場から10分に2~3本バスが出ています。(5~23時。)

なので、心配なく第2ビルからでもアクセスは可能です。

お店は7時~21時まで開いていますので、朝食・昼食・夕食・夜食などお好きなタイミングで食べることが可能です。
ぜひスルスル食べれちゃうTKGを味わってみてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ