奨学金返還しながら一人暮らしは可能?

お金

かりんです。
プロフィールにも記載していますが、私は奨学金を高校3年間(無償化する前の年でございます…。)+大学4年間=合計約540万円の奨学金を借りながら学生生活を送っていました。

1人暮らししたいけど、奨学金背負いながらなんてきっと無理だろうと思い、ずるずると実家を出る時期を見失っていました‥。

しかし、時間は帰ってきません。無駄にずるずると過ぎていくだけです。

正直、貯金額が少ないかつ奨学金を背負いながらも1人暮らしはできます。
実際、残り約400万円の返済を背負ったまま1人暮らしを始めて、1人暮らし1年目で全額返還して一気に100万円あるかないかぐらいまで貯金が減りました。それでも私は一人暮らしを何不自由なくできています。


(奨学金の返済については、『20代で奨学金を返済した日々を公開!』をご覧ください。)

その経験から奨学金の返済についてちょこっとご紹介。

奨学金はまとめて返せ。返済額を減らす方法。

今からお話するのは、利息付である第2種の方に言える話ですので、利息無である第1種の方には該当しない話ですすいません。
ちなみに第1種で奨学金を借りるには、ご家族の所得や成績(評定平均3.5以上)の審査により決定します。
私の場合、単なる親から「自分のことは自分でしろ」という教えだったので勿論審査も通らず利息付です(苦笑)

固定利息の方でいえば3%、変動利息の方はその時々の利息が1回の返済ごとに付いてきます。

では実際に利息はどれだけ掛かっているのか。

利息がどれだけかかっているのか確認する方法としては、
①スカラネット・パーソナルにログインして確認。参考は
こちら
※初回は新規登録が必要です。新規登録には奨学生番号も必要。

②学校を卒業して数か月後に送られてくる明細を確認。

以上で確認ができます。

ちなみに、大学だけで私は510万円借りていましたが、それにかかる利息は合計約63万円でした。
合計すると、573万円・・・。‥約600万円。
510万円と573万円、ぜんぜん印象が違う。

その63万円が正直無駄な出費なんです。

そこで私は一人暮らしと奨学金返済を両立する為にも行ったこととして、返済回数を減らして利息を削減しました。

利息は1回1回返す度に付いてきます。
その為、回数が少ないほどかかってくる利息は少ないのです。

これ、一般的な借入金返済と同じ理屈なのですが学生で借入金なんてなかなか縁がないし、学校では教えてくれません。

貯金があるなら、怖がらず一気に返還することをオススメします。

ちなみに、私は一人暮らしをしてる中で一気に返還して残り100万円あるかないかの貯金にまで減りました。
それでも1カ月資金繰りができる資金さえあれば全然生活できますし、(1人暮らしで1カ月にかかってる出費参考はこちらの記事を。)むしろ未来で払う利息が無くなったおかげで貯金は増えます。奨学金返さなくちゃ‥と思うストレスも軽減されます。

返還額が手元にある人は一気に返しちゃいましょう。
※繰上返還申請を行うには、スカラネットからできるので登録することをオススメします。

一気に返済できる貯金がない人は年に1回まとめて払うことも可能。

実際、そんな一気に返すなんて経済的に無理という人には下記の理由で返還期限猶予願を出すことで1年以内で延ばすことができます。

・経済困難
・傷病
・生活保護受給中
・入学準備中
・失業中

返還期限猶予の申請は以下でできます。
① スカラネット・パーソナルにログインして作成して印刷。 こちら
※初回は新規登録が必要です。新規登録には奨学生番号も必要。

②『返還のてびき』にある申請書を使う。

例えば、猶予期間をボーナスのある月やゆとりができそうな時期を選択して、1年で1回ドバっと返すだけでも利息は1年分軽減できます。
少しでもお得に返還ができるように工夫してみてください。

利息なしに返還するには在学中に返すべし。

実は、学生の間は利息はありません。
なので、借りすぎたかなと思ったまだ学生の方は返せる分は返してください。
社会人になってからだと利息が付きまといます‥。(果てしなく後悔しているアラサー)

1番ダメなのは延滞してしまうこと。延滞金ほどもったいないものはない。

しかし、結局1番ダメなのは延滞して延滞料がかかってしまうこと。
延滞料についてはこちら

ぶっちゃけ、1カ月資金繰りができる貯金があれば1人暮らしでも十分に返還は可能です。
できるだけ一括返還がお得なので勧めたいですが、無理だけはしないでください。 延滞してしまっては元も子もないです。
一括で返還が本当に貯金的に難しいのであれば、生活できるお金をやり繰りできる資金があれば従来通り返還をする、で充分です。

また、オススメしました繰上返還は、その時々で繰り上げる額を決めることができるのでまとめて返還する回数を分けてもいいし、何かあった場合も途中でまとめて払うのを辞めることもでます。自分のペースにあった設定で返還しましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ