女一人で園田競馬場に行きました!レポート

ぼっちの娯楽

最近、競馬にハマったという人の中には競馬場に行ってみたいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

競馬場には、『中央の競馬場』と『地方の競馬場』があります。

『中央競馬』は、地上波のテレビで放送されている競馬であり、大きなレースや有名な馬が出走しています。

『地方競馬』は、地上波で放送されることはなく、地方競馬に所属している馬の知名度も中央競馬に比べれば低めです。(アーティストで例えるなら、インディーズみたいな感じでしょうか。)

そこで、今回は地方競馬でもある『園田競馬場』に女一人で行ってきました!

「地方競馬って、雰囲気はどんな感じなの?」「中央の競馬場とどう違うの?」という疑問にもお答えしていきます。

阪急電鉄「園田駅」から専用バス(無料)で園田競馬場へ!

(画像は、阪急バスですが、園田競馬場行のバスではありません。)

園田競馬場へは、阪急電鉄『園田駅』から専用バス(無料)に乗って向かいます。

バス停は、園田駅北西側約50mの場所にあります。
画像のように、クリーム色と水色のバスが目印です。

駅からバスでおよそ5分ですので、あっという間に園田競馬場に到着します。
本数も多めで、随時運航されているので安心です。

またバスの中は、ガチ勢っぽいオジさん多めです。
私が乗ったバスの車内は、新聞を握りしめているオジさんばかりでした。

競馬場に慣れていない人や女性の方であれば、オジさんたちに圧倒されてちょっと躊躇してしまうかもしれません…。

もしも、バスに乗るのが気が引けるという場合は、園田駅から徒歩20分程度で園田競馬場に行けます。

園田競馬場への詳しいアクセスについては、こちら!

ちなみに、園田競馬場開催時は、阪神『尼崎駅』・JR『尼崎駅』からもバスが出ています。
但し、園田駅に比べると本数は少なめですのでご注意ください。

園田競馬場に到着

入場料100円を支払って、園田競馬場へいざ入場!

画像の通り、ガランとした雰囲気です。

人については、中央競馬に比べると、オジさん多めで、女性は少なめです。
私が見た限りですが、女性1人で来ていたのは、私の他には1人ぐらいしか見かけませんでした。

ご夫婦で来ている方や、カップルで来ている方は、4~5組ぐらい見かけましたが、やはり中央のような老若男女問わずワイワイという感じではありません。

何度も言いますが、園田競馬場はオジさんがほとんどです。

また、オジさんたちは室内にあるモニターで見ている人が多く、馬場近くは人が少なめでしたので、ゆったり観覧できます。

どうしても周りが気になるという方には、園田競馬場には個室などの指定席があります。
料金はかかりますが、周りを気にせず落ち着いて観覧できるのでおススメです。

園田競馬場の指定席については、こちら。

グルメはとにかく安くて美味い

園田競馬場の魅力は、なんといってもどこか懐かしいB級グルメ。

中央の競馬場にもB級グルメはありますが、園田競馬場は激安でお得なB級グルメがたくさんあります。

お店が密集しているので回りやすい為、食べ歩きも楽しめますよ。

とにかく安いので、あれもこれもと食べたくなります(笑)

ナイターがあるのは地方競馬の魅力!

また、地方競馬ではナイター開催があります。

園田競馬場でもナイターを開催しており、夜の暗闇にライトアップされた騎手や馬たちを見ることができます。

昼間の競馬とは違った競馬のかっこよさを感じられますので、一度はナイターを観てほしいですね。

そして、地方競馬の開催日は平日ですので、もしも競馬場が近ければ、会社帰りに寄るなんてこともできます。

実際に、日が落ちてくると、スーツ姿のお兄さんの姿が増えてきました。

花金に園田競馬場のナイターを楽しむのも有りですね。

撮影は一眼レフじゃなくスマホでも十分OK

地方競馬の魅力は、なんといっても馬との距離が近いということ。

中央の競馬場では、大きなカメラを持った人がちらほらいますが、園田競馬場ではほとんどの人がスマホで撮影していました。

載せている馬の画像は、望遠レンズで撮影していますが、トリミングせずにこのアップさです。

ぶっちゃけ、スマホでも十分です。

パドックもレースもすべて馬との距離が近い為、近くで馬を観たいという人におススメの場所でもあります。

園田競馬場に行くならば『KEIBA NOTE』はゲットしよう

園田競馬場にしかない、園田&姫路オリジナルの『KEIBA NOTE』。

中身は、園田競馬場を紹介した漫画やビギナー向けの園田競馬場や馬についての解説などが掲載されています。

特に、園田競馬場の漫画は自虐ネタもあり、めちゃめちゃ面白いです。

漫画を描いているのは、元厩務員さんで、知識豊富かつ面白いネタが溢れていて読み応えがあります。

『KEIBA NOTE』は、入り口付近にフリーペーパーとして配置されています。

ちなみに漫画だけであれば、ネットでも閲覧できます。

園田競馬場マンガ『うまのしごと』はこちら。

園田競馬場には公式ゆるキャラ『そのたん』がいる

園田競馬場には、兵庫県競馬組合園田競馬場の公式ゆるキャラ『そのたん』がいます。

もしかしたら、そのたんに出会えるかもしれません。

この日は、コロナ対策なのか、そのたんは三角コーナーに囲まれてソーシャルディスタンスを保っていました。

また、そのたんグッズも販売されているので、ゆるキャラ好きにはたまらないのではないでしょうか。

そのたんの他にも、『ひめたん』もいますので、もしかするとひめたんにも会えるかもしれません。

(この日は、ひめたんはいませんでした…。)

そのたん&ひめたん公式サイトは、こちら。

周りを気にする人であれば園田競馬場は難易度高め(かもしれない)

園田競馬場には、中央の競馬場にない魅力がたくさんありました。

人が少なめで快適であったり、激安グルメが楽しめたり、馬との距離が近かったり、ゆるキャラがいたりなどなど。

どこか、親しみのある競馬場という雰囲気があり、敷居は低めで気軽に楽しめました。

しかし、ガチ勢常連っぽいオジさんたちがほとんどを占めている為、もしも女性の方で、オジさんの中に入っていくのはちょっと…と思う人にとっては、難易度は高めです。

特に、競馬場に一度も行ったことがない人は、まずは中央の競馬場へ行くことをおススメします。

中央は、まだ老若男女問わずといった雰囲気がありますので、馴染みやすいです。

しかしながら、オジさん、オジさんとは言いましたが、私は園田競馬場でオジさんに絡まれたことは一度もありません。

一昔前は、コーチ屋という予想を売りつけてくる悪質オジさんがうじゃうじゃいたと言われていますが、今では警備員さんもあちこちいますので、安心できました。

ぜひ、園田競馬場に行く際には参考にしてみてくださいね!

ブログランキング・にほんブログ村へ