【1人暮らしオタク】パソコンは買うべき?おススメのパソコン5選!

ぼっちの娯楽

1人暮らしのオタクの皆さん、いま使っているパソコンはいつから使っていますか?

「まだ使えるし、もうちょっと使うかな。」
「1人暮らしもオタクもお金かかるし、今使っているやつでいいかな。」

なんて思うこともあるでしょう。

また、まだ自分のパソコンを持っていなくて、これから1人暮らしをする人にとっては、パソコンを買うかどうかも悩みどころなのではないでしょうか。

パソコンってスマホと同じで、持っていれば便利なものなので正直1家に1台買っておくことをおススメします。

また、スマホと同じようにパソコンにも寿命がある為、買い替えは必須です。

私自身、10年間パソコンを買い替えず使い続けたことがありますが、重すぎて時間がただただ過ぎてしまっていた苦い思い出があります。

今回は、パソコンの買い替えやパソコンの購入を考えている皆さんの背中を押せるようおススメのパソコンをまとめていきます!

パソコンは何を基準にするか条件を決める

パソコンを選ぶ前に、まずは「パソコンを買う目的は何か?」を考えることをおススメします。

単に値段だけで決めてしまうと、使いづらかったり、用途に合わなかったりで、パソコンの買い物に失敗していまいます。

パソコンを買うということは、大きな買い物ですので、しっかり基準を決めていきましょう。

では、オタクの皆さんがパソコンを使う理由としてありそうな主な基準を3点に絞って紹介していきます。

写真が趣味であればスペック重視!

レイヤーさんや競走馬など写真撮影を趣味にしている方であれば、大きな写真データを触ることがあるでしょう。

特にRAWデータを触る場合は、ある程度のスペックがなければ正直しんどいです。

スペックといっても様々ですが、特にCPUで言えば、最低Corei7は欲しいところです。

ランクが上がると、値段もそれなりにはしますが、後になってスムーズに画像処理できなければストレスの原因ともなります。

写真が趣味の人は、スペックに注目することをおススメします。

先着順のチケット戦争があるならタッチパネルがおススメ!

好きなアーティストやアイドルのライブ、コラボカフェや競馬場のキャンセル待ち、などなどオタクにとって先着順のチケットを確保しなければいけない場面に出会うことってありますよね。

先着順でチケットを手に入れるコツとしては、スペックも大事ではありますが、あともう一つチケットを確保できるチャンスがあるのは、タッチパネルのパソコンです。

実際、私がジャパンカップ2021の時に、キャンセル待ちで席を確保できた時に使っていたのが、タッチパネルのパソコンでした。

↓ちなみに私が使っているパソコンは、「Surface Laptop 4」のCorei7 16Gです。

何が違うのかというと、マウスを動かすロスがないことなんですよね。

また、スマホもタッチパネルじゃないかと思われますが、パソコンの方がスマホよりもスペックが高いのはもちろん、ネット回線が安定している可能性が高いのです。

タッチパネルにすれば、確実にチケットを確保できるかどうかまでは保証できませんが、チャンスはあると言えます。

特に大きなデータを扱わなければ価格を重視してOK!

オタクと言っても、特に重いデータを扱ったり、重いゲームをしないのであれば、価格を重視してOKです。

1人暮らしにとって、低価格でパソコンが買えれば助かりますよね。

しかし、安すぎてもいいのかという点についてですが、あまりにも安すぎるパソコンだとすぐに固まってしまうこともあります。

パソコンを使う時にストレスを感じたくない場合は、CPUを最低Core i5以上がおススメです。

しかし、CeylonやCore i3でもメモリを8G以上に増設できれば、なんなくは動かせることはできます。

メモリの増設ができる人であれば、CPUを下げてコストダウンしても良いかもしれません。

Surface Laptop 4(マイクロソフト)

マイクロソフトの『Surface Laptop 4』は、軽くて持ち運びも便利なサイズ感です。

外での使用に最適で、実際に私も『Surface Laptop 4』を愛用していてお気に入りの品でもあります。

タッチパネル仕様の為、チケット戦争の強い味方になることも有り。

カメラも搭載されているので、テレビ通話もOKですし、オタク友達とのやり取りにも役立ちます。

リンクで載せているものは、corei5ですが、corei7に上げても他のパソコンに比べて安価なのでおススメです。
(私は写真が趣味なので、グレードアップし、corei7を使用しています。)

実際使っていて、動きもサクサクしていますし、キーボードも薄くて打ちやすいので、作業面においても抜群です!

ただ、HDMIの差し込み口がないのと、USBの挿し口が1つしかないのが難点ではあります。
(USBについては、ハブを使用して増やして使用しています。)

↓ちなみに私が使っているUSBハブは、「BUFFALO USB3.0 バスパワー 3ポートハブBSH3U105U3BK」です。

Chromebook Detachable(エイスース)

ASUS(エイスース)の『Chromebook Detachable』は、タブレットスタイルとしても使える優れたノートパソコンです。

ノートパソコンも欲しいし、タブレットも欲しい、そんな思いを叶えてくれます。

特に絵を描く方には、おススメしたい品です。

本体に収納可能な専用タッチペン『ASUS USI Pen』付きなので、別で買う必要もありません。

また、嬉しい『あんしん保証』付きですので、購入日から12か月間何かあった場合でも安心してお使いできます。

さらに、2028年6月まで自動更新の為、ウイルス対策が無料で提供されます。

嬉しい特典満載で、この価格はお得でしかありません。

2020 Apple MacBook Air(アップル)

Appleでおなじみ『MacBook Air』シリーズの中でもおススメなのが、2020型です。

Macを選ぶ方といえば、動画編集などクリエイティブな場面での作業をされる方がほとんどではないでしょうか。

その中でも2020型は、「M1チップ」がこの機種から入っているということです。

「M1チップ」があれば、macOS Big Surとの連係によって、システム全体の動きが良くなります。

重いアプリを動かすこともある場合、この『2020 MacBook Air』であれば、強い味方となることでしょう。

コスパも良いですし、初めてMacBookを持つという方にもおススメです!

FMV ESPRIMO(富士通)

Windowsのデスクトップ型でおススメしたいのは、富士通の『FMV ESPRIMO』です。

まず、デスクトップのパソコンは安定したスペックであることがメリットとしてあります。

HDD容量も1TBと大きいですし、CPUもCorei7と高めですので、ネットゲームなどでも活躍してくれることでしょう。

また、ワイヤレスキーボードとマウスも付いているので、新たに購入する必要もありません。

国内製であり、多くの企業で採用されている富士通のパソコンであれば、安定して使えると推したい品です。

iMac 24インチ Retina(Apple)

Apple社のMacデスクトップ型でおススメなのが『iMac 24インチ Retina』。

8coreCPUと7coreCPUを搭載したM1チップが付いており、作業もサクサク進められることが見込まれます。

見た目も可愛い配色となっていますので、インテリアとしても最高です。

また、モニターの薄さも従来のiMacより薄くなっており、物が多いオタク向けでもあります。

デスクトップパソコンにしたいけれど、場所を取るから諦めていたという人にこそ、『iMac 24インチ Retina』をおススメします。

パソコンを買うタイミングは思い立ったらすぐ!

パソコンを買うとなれば、大きな買い物ですし、「また今度でいっか」となりがちです。

だからこそ、パソコンは「買うぞ!」と思い立った時に買うことが、大事です。

ぜひ、あなたに合ったパソコンを見つけて、新しい生活を共にしてみてくださいね!

きっと、快適にオタクライフも過ごせるはず!

ブログランキング・にほんブログ村へ